感性の住まい 株式会社誠和住宅 TEL:0120-37-2407

石川県で新築住宅・注文住宅を建てるなら、石川県金沢市の誠和住宅にお任せ下さい。

お問い合わせ資料請求





4大性能

1. メイプル98は地盤改良工事を標準で行い、10年間最大1億円の賠償保険をつけます!

住宅を建てる前に地盤調査を行い地盤が軟弱であると判明した場舎、住宅が不等沈下しないように地面を補強する工事のことです。
住宅が完成してからでは見えない部分ですが、後で直すことが非常に難しいためにとても重要な工事です。
メイプル98の地盤改良工事は、セメント系の土質固化材を現地盤の土としっかり混ぜ合わせ、それを締め固めるという方法で施工します。通常1uあたり、80〜100kgの固化材をバックホーという機械を用いて混合し、基礎が載る範囲を平らな板(改良厚さは晋通1m)のような形に固めてやる方法です。
住地盤事故がどのくらいの確率で発生しているのかをお聞きになられたことはありますでしょうか?
地盤事故は1000件に約10件と言われています(地盤情報センターの統計より)
火災事故の確率は、1000件に約4.5件の割合だそうですから、なんと、「地盤事故は火災事故の2倍の確率で発生」していることになります。

欠陥住宅! 原因の多くは地盤の不等沈下です。不等沈下が起こると…

締まらない扉 束柱が外れている 基礎に入るヒビ 玄関下のズレ

このようなことにならないためにも地盤改良工事は重要です!

2. 2×6工法!!(2×4の2倍の強度) 冬暖かく、夏は涼しい、厚みのある断熱材!

カナダの厳しい断熱水準を取り入れた高い省エネ性を持つ断熱材を屋根・床壁に使用。  厚みも公庫基準(次世代省エネ基準)の約2.5倍もあります。

  

しかも、独自の技術開発により(特許申請中)標準プランは1日で棟上完了!

  

通常棟上まで2週間程度かかり、その間大切な柱や床が雨ざらしになる可能性があるという、従来2×4、2×6工法が持っていた  致命的な弱点を克服しました。

3. 結露を押えるアルゴンガス入りペアガラスサッシ、Low-E加工を使用

・アルゴンガス入り → 断熱効果
・ペアガラス → 遮音効果
・LoW-E加工(特殊金属膜) → 紫外線カット
・吸湿材 → 結露を抑える
・PVC樹脂サッシ → アルミに比べて熱の伝わり方が1/1000

4. 標準モデルは震度7の耐震設計 (窓の配置、部屋のレイアウト等により、異なる場合があります。)

メイプル98の標準モデルは、地震に堪える設計の耐震住宅です。


近年、福岡県西方沖地震、マグニチュード7.0震度6弱という大変大きな地震災害が起こりました。そんな福岡県西方沖地震で  最も被害の大きかった玄界島にメイプル98と全く同じ技術の耐震の家が建っていたのです。


技術的に当社と全く同じICP工法による地盤改良をしている当社のお仲間です。
現地からの報告によりますと、崖地に3通りの地盤改良方法で建てた住宅があったそうです。

1. 柱状改良(杭工事といって地中に杭を何本も打つ方法)の建物。
2. 地中梁工法(崖地に水平に梁を差して建物を支える方法)の建物。
3. 耐震の家メイプル98に採用されている表層改良(ICP工法:地盤の土とセメントを混ぜ込み固めてしまう方法)の建物です。

その3つの建物を調査したところ、1と2は基礎だけががっちりと固定されてしまい上に乗っている建物だけが大きく揺れたため、 ドアが開かなくなったり、壁紙 が破けてしまったり、水道管が裂けてしまうなどの被害があったのに対し、3の耐震の家は、基礎と建物が同時に揺れたため、建物には全く被害がなかったとい うことです!

このページの先頭へ

工事対応エリア: 石川県(かほく市 金沢市 羽咋市 白山市 能美市 
能美郡 川北町 石川郡 野々市町 河北郡 津幡町 内灘町)

株式会社誠和住宅
〒920-8216 石川県金沢市直江町ニ14番5号
TEL 076-237-2400 FAX 076-237-2401
MAIL:seiwa@m2.spacelan.ne.jp

COPYRIGHT SEIWA CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.